【最近買ったものシリーズ】 ベッドに寝ながらスマホいじりが楽チンスタンド

職場の人間関係に・・辞めたい気持ちがスッと軽くなる方法【経験談】

・職場の雰囲気がどうしても無理、ピリピリしていてちょっとの失敗も許されない。

・上司の威圧的な態度がキツイ。もう朝起きて会社へ行くのがイヤになってきた。

・自分とノリが合う人がいない。前の職場はワイワイしていて良かったな、戻りたいかも・・。

人によって状況はいろいろですが、僕の経験や友達の悩みをもとに具体的なシーンを想像しました。

ですがこのページを見ている誰もが、一度は似たような状況を経験しているのではないでしょうか。

職場の人間関係に悩む人は本当に多いです。

気の合う友達とだけ一緒にいれば良かった学校とは違い、会社となるとそうはいかないのが辛いところ・・

毎朝起きるのが嫌になりますよね・・

これを書いている僕自身も、職場の人間関係で悩んだことがあります。
なので気持ちはとっても分かります。


そこで今回は僕の経験をもとに、職場の人間関係に悩んだ時に、実際におこなって効果があった方法を紹介します。

記事の内容

  1. 悩む自分を責める必要はない
  2. 人間関係で悩んだ時に試してほしいことは3つ
  3. 職場を辞めるor休職しても良いケース【戦略的撤退と考えよう】

一番伝えたいのは「人間関係に悩んでいるのは一生懸命な証拠、頑張っているからこそ」ということです。

またよくある「なんだかんだで転職エージェントに登録させる記事」ではありません。

記事を読んだからといって、明日からルンルン気分で会社に行けるほど現実は甘くないことも分かっています。

ですがこの記事がすこしでもヒントになればと思っています。

少しだけお付き合いください。

この記事を書いた人
まなちこ

東海地方済みでサラリーマンです。

副業でWebライターをしております。

目標はライターと会社員の両輪で生活していくこと🐤

ブラックな会社が嫌い笑

ブログは社会人・仕事・日常生活の工夫を中心に発信。

「自分の半径10メートル以内」の身近なネタがモットーです!

読んでいただいた方の生活が”ちょっと”お得になるように。

Twitter : @manachikochi

目次

悩む自分を責める必要はない

  • こんなに悩むなんて社会で生きていけるのだろうか・・
  • 職場に馴染めない自分が悪い

大前提として以上の例のように、自分を責める必要はありません。

なぜなら、悩んでいること自体が、ふだんあなたが一生懸命に頑張っている証拠だからです。

職場の人間関係で悩むということは、

・人間関係に悩まず仕事を頑張りたい!
・職場に必要とされる人になりたい!

と思っている裏返しです。前向きに頑張りたい自分はたしかにいるってことです。

それでも日々、思い悩む気持ちが晴れないのはよく分かります。

悩んでも、同じ明日が来るのはわかっていますからね。

僕自身も新卒で入社した会社で、苦手な先輩に悩まされました(何を言っても高圧的、こちらの意見は聞いてくれない・・)

仕事を頑張りたいはずが「先輩と関わりたくない、顔も見たくないな・・」という気持ちに1日中支配されて辛かったです。

繰り返しですが、必ず解決します。
「止まない雨はない」「冬も必ず春になる」です。

人間関係で悩んだ時に試してほしいことは3つ

人間関係が良い職場なんて珍しい!

会社は仕事をしにいくもの!

なーんて声が聞こえてきそうですが、建前はそうでも本音は単純ではないですよね。

だって職場って1週間に40時間以上も身を置く場所ですからね。

簡単に開き直れるほど心はサイボーグではありませよ・・。

ということで僕自身が実践した方法を3つ紹介します。

  1. 一旦割り切って成果を出す
  2. 気の合う人を見つける【一人で良いです】
  3. 職場の外にコミュニティを見つける

どれも効果がありましたので、試せる方法があれば参考にしてほしいです。

一旦割り切って成果を出す

成果を出して自分を認めさせること。

3つの中で一番効果がある方法でした。

なんだかんだ職場は成果を出すのが求められるから。

『〇〇さん最近変わったな』
『〇〇さんがいなければ職場はまわらないな』

と思わせたら勝ちです。成果を上げれば周りの目が変わります。

こんな人は職場にいませんか?

「もしこの人が辞めたら明日から仕事が回らなくなるなー」みたいな人。

頼られる存在になれば、人間関係の悩みはどこ吹く風になります。

時間がかかる分、最も効果があります。

気の合う人を見つける【一人で良いです】

気の合う人が一人でもいれば、気持ちがラクになりますよ。

何人も見つける必要はありません。

一人いれば十分です。

心の支えといえば大袈裟ですが、つらい気持ちって一人で抱え込むほど深刻になるのです。

例えば・・

「部長は相変わらず不機嫌だな・・提出書類もダメ出しばかりで悲しくなる。先輩に相談したら面倒な顔されるし・・」

これもリアルに経験があるのですが、一人でこうしたモヤモヤを抱え込むと、最悪仕事へのモチベーションが保てなくなります。

けど気の合う同僚が一人いればこんな会話が生まれます。

「部長いつも機嫌悪くて、先輩も協力的じゃないから業務が全然進まないよな~」

「分かるわ~それ。いい加減にしてほしいよね。もうヤバくなったら二人で転職しよ笑」

このように愚痴を言い合える同僚がいれば、悩みの共有ができて、気持ちがスッと軽くなります。

こういった同僚の存在は大きいです。

僕も先輩や上司とは相性が悪い職場でも、同年代の気が合う同僚がいたことが救いになりました。

職場の外にコミュニティを見つける

具体的には習い事・社会人サークルが代表的でしょうか。

職場以外に自分のコミュニティを見つけると、どうなるか。

「あ、会社だけが社会人の居場所ではないな」

と気づきます。

会社と家の往復になっていると、視野が狭くなりがちなんですよね。

僕は週末に社会人バドミントンサークルに入っていました!
仕事以外の人に会う予定があると、前向きな気持ちになれました。


具体的には・・

「まだ水曜日か・・けど週末は趣味の絵画教室があるから乗り切れそう」

「この上司との同行が終わったら、フットサルサークルだ。楽しみだな!」

このように心の余白を作ることで、職場の人間関係がサラッと受け流せます。

しかも、会社以外の人と話すって意外とリフレッシュになるものなんですね。

職場以外のコミュニティを作るメリットはざっくり以下の通り。

  • 仕事以外の目標を持てる
  • 気軽に話せる知り合いが増える
  • 平日の仕事のモチベーションが上がる

「普段会社の狭い空間にしか居場所がないと思っていたけど、そんなことないや」と世界が一気に広くなります。

実際に根拠がありまして、心理学者のガイ・ウィンチが提唱する「エモーショナル・ファーストエイド」いう心理効果があります。

これは自分にとって好意的な人と会話をすると、気持ちが癒されて自己肯定感が高まりますよといった効果。

仕事のことは一切考えずに、色々な人と会話をすると「職場ってほんとに小さな場所だな」と再認識できますよ。

ガイ・ウィンチさんの著書です。

心が弱りやすい時代ですので、書籍から学べる防御方法を知っておくだけでも違いますよね。

職場を辞めるor休職しても良いケース【戦略的撤退と考えよう】

とはいっても、自力で解決できないほど悩んでいる人もいるかと思います。

個人的な見方にはなりますが、職場から離れることが最善の策という場合は以下の通りです。

  • パワハラやセクハラを受けているとき
  • 心身に明らかな不調があるとき

上記のケースは現実的に自力解決が難しい場合がほとんどだと思います。

会社は星の数ほどありますし、退職はせずとも休職する方法もあります。

けど、いきなり収入がなくなるのは厳しいよ!

一時的なものにはなるけど、全く収入が0円になる訳ではないよ!

普段給料から引かれている保険を使うことで、一定の収入は確保できます。

ざっくり言うと給料の3分の2が失業・休職期間にもらえます。


少なく感じるかもですが、使わない手はありません。

前置きが長くなりましたが、本題です。

パワハラやセクハラを受けているとき

パワハラやセクハラに悩んでいるようなケースは、逃げるほうが得策です

サイトによっては上司や人事、または公的な労働相談窓口に相談してとありますよね。

それ自体を否定するわけではないですが、ほんとに解決になるでしょうか?

そもそも上司がパワハラしているケースも多いです。

中小企業であれば、社内独特の空気感で治外法権化しているパターンもあります。

現場を見たこともない相談窓口に行っても、担当者が平和な職場へ変えてくれるとも思いません。

繰り返しですが、会社は星の数ほどありますよ。

よほどの事情がない限り、精神的に消耗するよりも逃げるが勝ちの場合がおおいです。

心身に明らかな不調があるとき

身体はなによりも優先です。

  • 眠れない
  • 食欲がない
  • 職場に行くと体調が悪くなる


明らかな不調がある場合は、思い切って自分のことだけ考えてください。

いきなり辞めなくても「休職」という方法もありますからね。


ありきたりですが、身体を犠牲にして取り組む仕事なんて総理大臣くらいですよ(違う)

いずれにせよ、逃げではありません。

充実した日々を過ごすための、戦略的撤退と考えましょう。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。

内容をまとめます。

人間関係で悩むのは、仕事を頑張っている証拠。

ですので、自分を責める必要はない。

  • 職場の人間関係に悩んだときに試してほしいことは3つ
  1. 一旦割り切って成果を出す
  2. 気の合う人を見つける【一人で良いです】
  3. 職場の外にコミュニティを見つける
  • 職場を辞めるor休職しても良いケース
  1. パワハラやセクハラを受けているとき
  2. 心身に明らかな不調があるとき

今悩んでいる人の状況が、少しでも良い方向に転べば嬉しいです。

ちなみに、趣味を見つけるのもオススメ。

「自分には仕事以外にもやることあるんだ」と気づくと、心に余白が出来るのは実体験としてあります。

それでは!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる